ブログ

2011年08月15日

第6回フルラス記念先端セラミックスシンポジウム

 2011年10月12日(水)、東京ベイ有明ワシントンホテル アイリスの間において「第6回フルラス記念先端セラミックスシンポジウム」を開催いたします。これは、同年10月12日(水)から14日(金)まで東京ビックサイトにおいて開催される国際セラミックス総合展http://www.ceramic-expo.jp/に因み時期を併せて開催するものです。
 近年、地球規模でのエネルギー問題、環境問題は最重要課題として取り上げられるようになってきました。
そんな中、今年3月の東日本大震災を機に、原子力発電の見直しや、それに伴う代替え発電を含めた総合的なエネルギー戦略の見直しが急務になっています。一方、弱体化が進む日本産業の中で、再生可能エネルギーの代表であり、日本が実用化の先鞭を付けた太陽電池は、関連する日本企業が、生産量の世界ランキング上位から消え去っています。
 まさに”がんばろう日本”の意気込みで日本の力を結集して再起をはからなければいけない時だと思います。
6回目を迎える「フルラス記念・先端セラミックスシンポジウム」ですが、今回は、この問題に対して、材料技術者として、セラミックス技術者としてどのような貢献ができるのかにフォーカスしました。課題や将来の可能性について、一緒に考えるきっかけとなることを期待しています。
 ご多忙の折、たいへんお世話になりますが、ぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。
また、ご知友のご関連の方々,関心をお持ちの方々にもお気軽にお勧めいただければ幸いです。

第6回フルラス記念先端セラミックスシンポジウム

6th Fulrath International Symposium on Advanced Ceramics


テーマ:エネルギー・環境分野での新たな課題と可能性日時: 2011年10月12日(水) 9時会場~ 17時30分閉会
会場: 東京ベイ有明ワシントンホテル アイリスの間
http://www.ariake-wh.com/access/

主催: フルラス・岡崎記念会
共催: 公益社団法人 日本セラミックス協会
協賛: (財)ファインセラミックスセンター, (社)日本ファインセラミックス協会, フジサンケイビジネスアイ

参加費: 5,000円(要旨集含む)
参加申し込みサイト http://www.tic-mi.com/6th_fulrath/index.php
講演プログラム http://www.tic-mi.com/6th_fulrath/program.htm

■テーマ エネルギー・環境分野での新たな課題と可能性

■プログラム (特別講演: 3件, 招待講演: 5件, 一般講演: 3件)
9:30-9:40 開会の辞
フルラス・岡崎記念 会長 一ノ瀬 昇

9:40-10:20 特別講演 レアメタル・レアアースを取り巻く最近の状況と対応
経済産業省 製造産業局 非鉄金属課課長補佐 川渕 英雄,

10:20-11:00 招待講演 電気自動車用二次電池技術の動向と今後の展開
オートモーティブエナジーサプライ(株)開発部エグゼクティブエキスパート 内海 和明

11:00-11:40 特別講演 量子ドット型太陽電池の現状
東京大学先端科学技術研究センター 教授 岡田 至崇

11:40-12:20 招待講演 ナノ光触媒材料技術:可能性への挑戦
物質・材料研究機構 環境・エネルギー材料部門 環境再生材料ユニットユニット長 葉 金花

12:20-13:20 昼食

13:20-14:00 特別講演 放射性廃棄物の処理・処分
東京大学大学院工学系研究科原子力専攻 教授 長崎 晋也

14:00-14:40 招待講演 JFCCにおけるエネルギー・環境分野への取り組み
JFCC 材料技術研究所 所長代理 松原 秀彰

14:40-15:20 招待講演 高温領域における熱電素子とその応用について
(株)TES ニューエナジー 取締役 舟橋 良次

15:20-16:00 招待講演 圧電薄膜を用いたMEMS振動エナジーハーベスト
京都大学大学院工学研究科 マイクロエンジニアリング専攻 准教授 神野 伊策

16:00-16:10 休憩

16:10-16:40 一般講演 高信頼性軸受用Si3N4セラミックスの開発
横浜国立大学工学部物質工学科 准教授 多々見 純一

16:40-17:00 一般講演 熱膨張可変酸化物とその結晶構造
パナソニック(株) 先端技術研究所 主任研究員 表 篤志

17:00-17:20 一般講演 低損失複合ペロブスカイト誘電体の誘電損失
パナソニック エレクトロニックデバイス(株) 開発本部材料デバイス開発センター 基盤材料グループ 主任技師 古賀 英一

17:20-17:30 閉会の辞
フルラス・岡崎記念会 副会長 岡本 明

※講演者・演題は予告なく変更になる場合があります。

■シンポジウム実行委員: 今中佳彦 (株)富士通研究所 ,大橋直樹 (独)物質・材料研究機構

■お問い合わせ: フルラス・岡崎記念会 事務局
〒601-8011 京都市南区東九条南山王町36 (株)ティー・アイ・シィー編集部内
Tel.075-693-1533 Fax.075-693-1534 E-mail fulrath@tic-mi.com
ご希望の方は下記内容をE-Mailにていただいて受け付けております.

参加申し込み
E-mail: sympo@tic-mi.com
フルラス・岡崎記念会事務局 宛

◎第6回フルラス記念先端セラミックスシンポジウムへの参加登録を申込みます.と記して頂き下記内容と共にE-mailにて送信下さい。
◎お名前
◎所属
◎連絡先住所
◎電話
◎E-mail
  

Posted by 株式会社CSセンター at 20:28Comments(0)シンポジウム

2011年08月12日

市民講座

「生き物は傷ついたDNAをどう扱うか?-身体を守るDNA修復の仕組み-」






【開催日時】 平成23年9月17日(土)13:45~15:45 (13:20開場)
【会場】 京都大学 東京オフィス 品川インターシティA棟27階

我々の身体を構成している細胞には、遺伝情報の源であるDNA が存在していますが、このDNAは、放射線や紫外線などの様々な外的要因によって傷つけられます。しかし、我々の身体には、こういったDNAの傷を見事に修復するシステムが兼ね備わっています。今回の市民講座では、DNA修復研究の専門家の先生お二人に、我々の身体を守るDNA修復のシステムが、いかに巧妙に制御され、身体を守っているのかについてお話して頂きます。

【講演者】
田中 亀代次 先生(大阪大学大学院 生命機能研究科 教授)
「日光紫外線によるDNA損傷を修復する仕組みとその異常疾患」

河野 隆志 先生(国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学分野 分野長)
「発がんとがん治療に影響を与えるDNA修復のメカニズム」

【参加方法】 事前登録制(定員100名・先着順)
下記問合せ先へメール又はFAXにてお申込下さい。
※タイトルを「市民講座参加希望」として(氏名、住所、電話番号、職業)をご記入下さい。尚、氏名、住所等の個人情報は第三者に提供することはありません。

【御問合せ先】
京都大学放射線生物研究センター内
メール:matsuura@house.rbc.kyoto-u.ac.jp
電話:075-753-7556  
FAX:075-753-7564

【主催】 文部科学省新学術領域研究
「ゲノム複製・修復・転写のカップリングと普遍的なクロマチン構造変換機構」
(領域代表者:学習院大学・理学部・花岡文雄 http://www.dnarepair.jp/)

   

Posted by 株式会社CSセンター at 18:20Comments(0)講演会

2011年08月06日

地球研オープンハウス

地球研10周年を迎え、施設の一般公開(地球研オープンハウス)が8月5日(金)に開催されました。
弊社ではウォーターサーバーの手配を承りました。









  

Posted by 株式会社CSセンター at 23:07Comments(0)その他

2011年08月03日

ICAD 2011 ホームページ及びロゴ作成

2011年10月21日(金)~22日(土) に慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC)で開催されますInternational Conference on Affective Disorders- Bridging between clinical research and practice -のホームページ及び主催研究部門のロゴを作成致しました。






  

Posted by 株式会社CSセンター at 15:21Comments(0)シンポジウム

2011年08月01日

日本進化学会 第13回大会 in 京都 

2011年7月29日(金)~31日(日)とみやこめっせ及び京都大学時計台記念館で開催されました、「日本進化学会 第13回大会 in 京都」は盛況のうちに閉幕致しました。
26日からのSMBE 2011 国際分子進化学会との合同開催となり、Smbe Plenary Lecture や市民公開講座、納涼ポスターセッション、高校生ポスター発表等、盛り沢山の企画が目白押しのユニークな大会でした。
弊社でも準備・運営に多くの作業を承りました。
(CSセンターでは、立て看板(3×6)、ポスター会場設営、企業展示小間設営、ランチョンセミナーお弁当手配、名札作成、要旨集印刷、ポスター印刷及び発送作業等を承りました。)


















  

Posted by 株式会社CSセンター at 21:03Comments(0)学会