ブログ

2014年11月12日

京都人類学研究会11月例会のお知らせ

京都人類学研究会11月例会について、下記のとおりご案内申し上げます。どうぞふるってご参集ください。
(以下、敬称略)

【日時】2014年11月21日(金)18:30 開演(18:00 開場)
【会場】京都大学総合研究二号館 4階 大会議室AA447(地図: http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/access/access.htm)

【タイトル】「民族境界の《生態》ーアフリカ熱帯雨林にいきる農耕民と狩猟採集民ー」

【発表者】大石高典(総合地球環境学研究所、プロジェクト研究員、Ph.D)
【コメンテーター】池田光穂(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター、教授)

【要旨】近年、農耕民と狩猟採集民の関係を捉えるにあたって、集団間の相互作用の過程を歴史のなかで把握する重要性が認識されるようになった。その結果、研究パラダイムは狩猟採集社会と外部社会の交流を限定的なものだとする「隔離モデル」から、より積極的に交流が行われてきたとする「相互依存モデル」へと変化してきた。加えて、自然に強く依拠した生活が市場経済へと包摂されるなかで、狩猟採集/農耕といった生業区分はますますあいまいなものになってきている。それにもかかわらず、当事者たちは生態に根差した差異にこだわり続けている。このような「二項対立」的な関係はなぜ、どのようにして維持され続けているのか。本発表では、中部アフリカのカメルーン東南部熱帯林の漁撈農耕民バクウェレと狩猟採集民バカの関係を事例として、①集団の〈内部〉と②集団の〈あいだ〉で、どのように民族境界が維持され、再生産されているかについて検討する。そのさい、人=人関係と人=自然関係を個別に扱うのではなく、双方の重なり合いに着目して分析を進めることで《生態》概念の拡張をめざしたい。

【備考】*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。*事前の参加予約は必要ありません。*どなたでも自由に参加いただけます。*当日は資料代として200円いただきます。

【問い合わせ先】京都人類学研究会事務局:kyojinken2014[at]gmail.com([at]を @ に変えて送信してください)

京都人類学研究会2014年度運営委員- 代表:風間計博- 代表補佐:田中雅一- 協力:深川宏樹- 学生幹事:安達千李、一戸恒人、川口博子、Caitlin Coker、合原織部、顧平原、佐野文哉、中村友香、彭宇潔、松隈俊佑、宮木和、山崎暢子、山田奈緒美、楊大為、吉田祐貴、吉村美和  

Posted by 株式会社CSセンター at 17:24Comments(0)講演会