ブログ

2019年10月03日

京都人類学研究会10月例会

京都人類学研究会10月例会の開催について、下記の通りご案内申し上げます。どうぞふるってご参集ください。

(以下敬称略)

【主催】
京都人類学研究会/日本文化人類学会近畿地区研究懇談会

【日時】
10月18日(金)18:30開演(18:00開場)

【場所】
京都大学 本部構内
総合研究2号館 AA447 (4F)
地図詳細:構内キャンパス34番
(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/ )

【タイトル】
身体物質のやりとりから見えてくるもの:サブスタンス研究の射程

【発表者】
松尾 瑞穂(国立民族学博物館 准教授)

【コメンテーター】
山崎 吾郎(大阪大学 准教授)

【要旨】
人類学で用いられてきたサブスタンスという概念は、血や骨、肉、精液、体液といった
身体に由来する物質にとどまらず、食や家畜、土地などの諸物質まで含む幅広いものであ
る。これらのサブスタンスのうち、どのようなサブスタンスが親から子ども、そして親族
や民族集団に継承され、共有されるのかに関する観念は、社会や文化、あるいは時代や文
脈によって多様である。本報告は、人格や性質をもって交換、贈与、流通されるサブスタ
ンスが、今日、資源として医療化、政治化、商品化されていることに注目し、現代社会に
おけるサブスタンスの現れと位相を示そうとするものである。

【備考】
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
*本例会は、日本文化人類学会近畿地区研究懇親会との共催です。
*事前の参加予約は必要ありません。どなたでも自由に参加いただけます。
*当日は資料代として200円いただきます。
*講演会後に懇親会を予定しております。

【問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:kyojinken2019@gmail.com
京都人類学研究会2019年度運営委員
* 代表:金子 守恵

学生幹事:青池歌子、浅井薫、石内良季、泉向日葵、稲垣美帆、今井惇、奥野衣莉香、柏美紀、加反真帆、加藤舞、川畑一朗、工藤太地、呉人花、小寺典子、佐々木悠、十文字樹、銭星如、竹内優希、谷本直樹、田端友佳、対本祝子、董一達、平山草太、松尾隆之介、皆木香渚子、宮城敬、谷島亘、安松弘毅、山口優輔、山田実季、吉野月華

同じカテゴリー(学会)の記事画像
ISDN 2018
京都人類学研究会5月例会
ACP(米国内科学会)日本支部年次総会2016
第30回 日本助産学会学術集会
生命医薬情報学連合大会2015/2015日本バイオインフォマティクス学会年会
環境経済・政策学会2015年大会
同じカテゴリー(学会)の記事
 京都人類学研究会6月例会 (2019-06-06 18:27)
 京都人類学研究会1月例会 (2019-01-07 10:16)
 京都人類学研究会11月例会 (2018-11-18 16:28)
 京都人類学研究会6月例会 (2018-06-05 13:24)
 ISDN 2018 (2018-05-31 20:40)
 京都人類学研究会5月例会 (2018-05-24 15:18)
Posted by 株式会社CSセンター at 13:04│Comments(0)学会
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。