ブログ

2018年12月06日

京都人類学研究会12月季節例会

京都人類学研究会12月季節例会の開催について、下記のとおりご案内申し上げます。なお、本会はシンポジウム形式での開催となります。どうぞふるってご参集ください。
(以下敬称略)

【主催】
京都人類学研究会/日本文化人類学会近畿地区研究懇談会/京都市立芸術大学

シンポジウム『人類学とアートの協働』

【趣旨】
 近年、人類学とアートの実践面における交流が盛んになると同時に、互いの領域を横断する研究と創作活動が活発化している。テクストのみに依拠しない、各種のメディアを駆使した人類学研究の模索が、アートの方法論や語法を学びつつ、各地で展開している。さらに、人類学研究にインスパイアされたアーティストが、特定の土地やコミュニティを対象としたフィールドワークをもとに、作品制作を行う機会も増えている。
 本会では、それぞれ異なる三組の発表と議論を中心に、人類学者とアーティストの協働や、それぞれの領域を横断する創作プロジェクトの現場における、思考や実践の交点、相違を検証する。以上より、人類学とアートの協働がひらく、新たな知と創造の地平を展望する

【日時】
2018年12月15日(土)13:30開演(13:00開場)17:45閉演

【会場】
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
〒604-0052京都市中京区押油小路町238-1
*京都市バス・京都バス「堀川御池」下車すぐ
*京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅下車2番出口より徒歩3分

【プログラム】
司会・コーディネーター
川瀬 慈(国立民族学博物館)

発表➀
『アート<と>人類学序論:相互触発的なプラットフォームの形成に向けて』
佐藤 知久(京都市立芸術大学)

発表②
『「触れたら、死ぬ」ー人類学的探究における映像インスタレーションー』
村津 蘭(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

発表③
『共異体のコンポジション:超領域的協働の実践から』
第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展/日本館展示メンバー 
石倉 敏明(秋田公立美術大学)
服部 浩之(秋田公立美術大学)
下道 基之(美術家)

【当日タイムテーブル】
13:30-13:40 趣旨説明(川瀬)
13:40-14:25 発表①(佐藤)
14:25-15:10 発表②(村津)
15:10-15:30 休憩
15:30-16:45 発表③(石倉・服部・下道)
16:45-17:45 総合討論(発表者、コーディネーター)
      +質疑応答

【備考】
*本会は、京都人類学研究会、日本文化人類学会近畿地区研究懇親会、京都市立芸術大学の共催となります。
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
*事前の参加予約は必要ありません。どなたでも自由に参加いただけます。
*当日は資料代として200円いただきます。

【問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:kyojinken2018[at]gmail.com
京都人類学研究会2018年度運営委員
* 代表:小林 知
* 学生幹事:青池歌子、泉向日葵、賀川恵理香、加反真帆、加藤舞、木戸みなみ、呉人花、清水加奈子、銭星如、竹田響、田中瑠莉、谷本直樹、董一達、平山草太、星野佐和、三津島一樹、本山可南子、師田史子、山田実季

Posted by 株式会社CSセンター at 16:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。